セルフメンタルケアトレーナー高松弥生:oFFice MORE(オフィスモア)

: キャリア、メンタルヘルス関連セミナー企画・研修・講師、キャリアカウンセリング
お問い合わせ
サイト内検索
オフィスモア 高松弥生

高松弥生 / オフィスモアのミッション

oFFice MORE は

”職業人人生を長く楽しくまっとうする”

をミッションとし自分の意思に基づいて、仕事をする!そんな、輝くあなたの為の支援を目的としています。

職業人人生は長い

学生を卒業し、本格的に社会人になるのは20歳~25歳位。その先仕事をリタイアするまで何年あるでしょう。雇用されたとすると定年は今65歳、この先70歳まで引き上げられる可能性もあります。軽く40年は職業人人生が続きます。新卒の社会人なら今まで生きてきた時間の2倍の長さを働かなければいけない。短いですか?長いですか?

コミュニケーションとメンタルヘルスマネジメント

コミュニケーション能力とメンタルヘルスマネジメントは深い繋がりがあります。

学生の間にアルバイトをして、それなりにコミュニケーションスキルを磨いていた人なら、ある程度は“社会人基礎力”がついているはず。それでも、学生時代と違って自分の選んだ人間関係だけで成り立たないのが、“学生”と“社会人”の違い。今まではコミュニケーションが上手くできていてメンタルを病んだことがない人も、人間関係でくじけてしまうことが発生してしまうかもしれません。自分の言動を思いとは違う受け止め方をされて、一言を発するのが怖くなってしまうかもしれません。そして、少しずつ心と身体のバランスを崩してしまう。

自分の意思で

心と身体のバランスを崩してしまい、本格的に病気になってしまい休職・退職。そんな不本意な休みを長い職業人人生で持って欲しくはありません。そのためにも、自分で自分の心と身体を守るためセルフメンタルケアの必要性を知ってほしい。職業人人生を生き易くするための術(すべ)として、ビジネスコミュニケーションを身につけて欲しい。自分の意思で“働く”“休む”“雇用される”“自立する”を決めて欲しい。

あなたが、ますます輝く先へ

自分の意思に基づいて、仕事をする!そして“職業人人生を長く楽しくまっとうする”

そんな人が一人でも多くなるように支援をする。そのことによって社会貢献をする。

それが私の選んだ職業人人生であり、そんな人たちを見ることが私をますます輝かせてくれ“長く楽しく職業人人生をまっとうする”ための糧となるでしょう。

Ferretアクセス解析